気象

台風13号「首都直撃は回避か?」進路東寄りに 9日にも房総半島へ接近

 強い台風13号は7日午前9時現在、小笠原諸島の父島近海を房総半島に向けて時速20キロで進んでいる。

 

 気象庁によると台風の中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

 今後も強い勢力を維持しながら、暴風域を伴って北北西へ進み、あす8日には伊豆諸島の八丈島に接近。気象庁の進路予測によると、9日未明には房総半島最東端の千葉県銚子市に接近し、そのまま北上して、9日午前9時ごろには茨城県水戸市周辺に到達したのち、進路を北東に変えて三陸沖を北上していくものと予想される。

 

 関東甲信地方では、前線の影響で昨夜からところどころで激しい雨が降り続いているが、7日は台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで前線の動きが活発化し、昼過ぎから雷を伴う激しい雨が降り始めるおそれがある。

 

 8日朝までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、▽関東北部80ミリ、▽関東南部60ミリ、▽伊豆諸島、甲信地方50ミリで、その後、9日にかけてさらに雨量が増える見込みで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への警戒が必要だ。

 

 また伊豆諸島では海上を中心に風が非常に強く、大しけとなる見込みで、関東地方や東北地方の太平洋側、東海地方でも大しけが予想されることから、暴風や高波への厳重な警戒をしてほしい。

 

■今後も引き続き、台風の最新情報と気象状況の変化にご注意を。ハザードラボ「台風マップ」「気象情報」も合わせてご活用ください。

 あなたにオススメの記事

 編集部からのオススメ記事