防犯

暑さゆえ?猫語を操る「ニャーニャーおじさん」世田谷に出現!

 

 連日続いていた猛暑がストップした7日、東京・世田谷区に昼間から「ニャー」と猫の鳴きマネをして小学生を脅す男が現れた。

 

 7日午後0時10分ころ、世田谷区弦巻1丁目の住宅街で、自宅に向かって帰る途中の小学生の男の子がワゴン車に乗った男から「ニャー」と声をかけられたとして警察に通報があった。

 

 小学生によると、男は年齢50代から60代、青のポロシャツを着ており、白っぽい軽ワゴン車を運転していた。

 

 現場は東急世田谷線「世田谷駅」から数百メートル離れた住宅街で、区立小学校や区立中学校の児童生徒が多い。

 

 猫語といえば、昨年10月、今回の現場から8キロ以上北東に位置する板橋区内でも、小学生や幼稚園児相手に「ニャーニャー」と話しかける50代くらいの男が目撃されている。いくら暑くても、せめて人間語で会話してもらいたいものだ。

 


【問合せ先】世田谷警察署 03-3418-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事