生物

「大丈夫?」猛暑でダウン寸前の鳥にキリンがシャワーを贈る アフリカ

 

 生命に危険が及ぶような今年の猛暑。日本だけでなく世界各地で異常気象が報告されるなか、南アフリカのサファリ地区では、暑さでバテる寸前の鳥に、キリンがシャワーを浴びせるという粋なはからいがあった。

 

 決定的な瞬間の撮影に成功したのは、南アフリカ北東部の国境沿いに広がるクルーガー国立公園で野生動物の撮影ツアーガイドをつとめるベルンハルト・ベッカー(Bernhard Bekker)さん(41歳)だ。

 

 先月16日は、南半球にある南アフリカでも気温が非常に高く、水量が減ったオアシスでは、水場をめぐってオスのカバ同士が争う姿や、キリンの群れがライバルの群れを追い払うようすが目撃されていた。

 

 

 ちょうどそのとき、一羽のウシツツキ(Oxpecker)が出現。キリンの体に寄生するダニをついばみに飛んできたところ、キリンがペッと吐き出した水のシャワーをもろにかぶった!

 

「いやあ、完璧なタイミングでしたね。向こう側で見ているインパラも、なんだか羨ましそうでしたよ」

 

 ベルンハルトさんがFacebookに投稿した写真は、たちまち人気を集め、英国のタブロイド紙『デイリー・メール』にもとりあげられたという。

 あなたにオススメの記事