医療技術

試合中に無くしたコンタクトレンズ 28年後にまぶたから出てきた!英国

 年齢を重ねると、まぶたが垂れ下がって、眠そうに見られたり、視界がさえぎられて、よくものが見えなくなることがある。「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の症状に悩んでいた42歳の英国人女性は、まぶたの裏から28年前に無くしたと思っていたコンタクトレンズが見つかった!

 

 英医学誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)』に8月10日に掲載された症例報告によると、スコットランド南東部ダンディーに住む42歳の女性は、左目のまぶたが半年にわたって腫れ続けたことから、大学病院の眼科医を訪問。

 

 頭部のMRI検査を受けた結果、医師は左まぶたの皮膚の下に直径8ミリの袋状の嚢胞(のうほう)を発見。外科手術で取り除いたところ、中からハードのコンタクトレンズが現れた。

 

 当初、患者はなぜこんなものがまぶたの中に存在するのか、まったくわからなかった。しかし彼女の母親は、娘が14歳だった28年前に、バトミントンの試合中にシャトルが左目に当たって、コンタクトレンズを無くしたことをよく覚えていたという。

 

 治療したシルジュン・パテル(Sirjhun Patel)医師は、「30年近くまぶたの裏にとどまっていたコンタクトレンズが眼瞼下垂の原因だと考えられますが、今になって突然腫れを引き起こした理由は謎です」と首をひねっている。ちなみに女性は、14歳のときの一撃で懲りたのか、それ以降は二度とコンタクトレンズを使うことは無かったそうだ。

 あなたにオススメの記事