気象

次から次へと…まるで台風の巣!マリアナ諸島で熱帯低気圧 まもなく19号に…

 

 きのう発生した台風18号は東シナ海を時速15キロで中国沿岸に向かって進んでおり、あすにも上海周辺に上陸すると予測される一方、マリアナ諸島では新たな台風のたまごである熱帯低気圧が発生した。ここへきて連日台風が発生している状況だ。

 

 九州を縦断した台風15号はきのう、対馬近海で熱帯低気圧に変わったが、東アジアには現在もベトナム沖に16号、東シナ海の18号など熱帯低気圧の巣のようだ。

 

 こうしたなか16日朝に発生した熱帯低気圧は、早くも19号に変わる兆しを見せている。現在の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速15メートル、最大瞬間風速は23メートルで、マリアナ諸島近海を北上している。

 

 熱帯低気圧は今夜からあす朝にかけて発達を続けながら小笠原近海に進み、まもなく台風19号に変わると予想されている。こちらは日本付近に接近する予想なので、引き続き最新情報に注意して、外出予定の計画に役立ててほしい。

 

■ハザードラボ「台風マップ」「気象情報」も合わせてご活用ください。

 あなたにオススメの記事