生物

和歌山の赤ちゃんパンダ 早くも動画を初公開!(動画)

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで14日夜に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの動画が公開された! 

 

 20日に生後6日目を迎えた赤ちゃんの体重は、誕生時の75グラムを超え、76.6グラムになった。一般的に、生まれたばかりの数日間は、お母さんのお腹のなかにいたときの栄養や水分などが排出されて体重が減少するもので、この赤ちゃんも、体重が一時は63.9グラムほどにまで減少していた。

 

 小さな体で生まれた赤ちゃんは、自力で母乳が吸えず、飼育スタッフが保育器で授乳のサポートを行なってきたが、今では、1日に5回から6回ほど、母親「良浜(らうひん)」から自力でミルクを飲むことができるようになっている。

 

 

 赤ちゃんの体長は、誕生時から1.3センチ伸びて、16.8センチになった(19日時点)。お腹が空くと鳴いて、母親の乳房を探す姿が確認されている。赤ちゃんがしっかりと母乳を飲んでいるのを確認してからは、母親の「良浜(らうひん)」も安心したのか、 落ち着いたようすを見せているという。

 

 

 飼育スタッフが赤ちゃんをケージのなかへ戻すと、間髪を入れずに良浜(らうひん)が近づいてきて、やさしく赤ちゃんを抱え、胸元へ誘導する。動画の良浜(らうひん)の母親っぷりには、われわれも顔がほころんでしまう。これからもパンダラボ(!)は、親子をあたたかく見守っていきたい!

 あなたにオススメの記事