生物

赤ちゃんパンダ 13日から公開!名づけ親にもなれるチャンス 和歌山

 和歌山のアドベンチャーワールドで先月14日に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんが、今週13日から一般公開されることが決定した。母親「良浜(らうひん)」とともに公開されるということで、愛情あふれる子育てシーンを直接見ることができる。そして公開と同時に、赤ちゃんの名前の募集も開始される!

 

 

 同園で最も小さい75グラムという体重で生まれたメスの赤ちゃんは、きょう(11日)時点で、651グラムにまで成長した。今回、公開が決定されたのは、授乳時の体温低下がおさまり、手足の動きと鳴き声に力強さが見られるようになったことが決め手だった。

 


 公式ホームページ上にアップされている動画では、すでに保育器のなかを這って動きまわる元気な姿が確認できるが、同園によると、赤ちゃんは生後3ヶ月ごろから歩き始めるといい、11月ごろには「初めて歩けた!」という、嬉しい知らせが聞こえてきそうだ。

 

 

 赤ちゃんは同園の「ブリーディングセンター」の屋内で、今月13日から公開される。時間は午前10時15分~10時35分/午後2時40分~3時00分の二部制だが、赤ちゃんの成長にともなって、変更される可能性もあるというから、注意しよう。

 

 公開開始と同じタイミングで、赤ちゃんの名前も募集が始まる。応募方法は、①ハガキや、②園内に設置される用紙のほか、③ジャイアントパンダファミリースペシャルサイトがある。名前は同園の「パンダの赤ちゃん命名委員会」によって選定され、決まり次第、園内および、公式ホームページ上で発表されるという。

 

 応募締め切りの11月16日(金)までには、9月に2回、10月に1回、3連休があるので、アドベンチャーワールドへ赤ちゃんに会いに行って、「名づけ親」を目指してみてはいかがだろうか。

 あなたにオススメの記事