トピック

キャセイパシフィック 機体に「Fがない!」巨大なスペルミス

 香港を拠点とする国際航空会社キャセイパシフィックの旅客機で、機体に書かれた会社名のロゴに巨大なスペルミスが見つかり、国際的な注目を集めている。

 

 スペルミスが見つかったのは、キャセイパシフィックが運航するボーイング777-367型機。19日、香港国際空港に到着した同機の胴体部分に書かれた「CATHAY PACIFIC」の「F」が抜けて「PACIIC」となっていたことが判明。

 

 同社によると、香港空港について話し合う人たちの会員サイト『香港航空討論區 HKADB』のFacebookに投稿されたのが発覚したきっかけで、さっそく自社の公式ツイッターに写真を公開し「Oops this special livery won’t last long! She’s going back to the shop!(おっと!この特別な塗装は長続きしません。すぐに工場に戻します)」とつぶやいた。

 

 

 海外メディアの取材に対して同社の子会社は「会社名の塗装は、ロゴの文字を切り抜いたステンシル型を使っているので、もし本当に単なるミスだとしたら、IとIの間にFが入るはずの余白が開いていたはずだ」と指摘しているという。

 

 果たして真相はいかに?

 あなたにオススメの記事