トピック

本物より香り高い「バカマツタケ」人工栽培に成功!奈良県

 まもなく旬を迎える松茸は言わずと知れたキノコの王様。アカマツの林に自生し、人工栽培ができないため、値段も高く、庶民の食卓にのぼる機会はめったにない。

 

 奈良県森林技術センターは今年2月、松茸と見た目がそっくりで、香り高い「バカマツタケ」の菌を人工的に増殖させることに全国で初めて成功した。

 

 その後も、昨年キノコが発生した場所の観察を続けていたところ、今回、複数のバカマツタケの菌が実験林内で定着し、順調に増殖しているのを確認したという。

 

 バカマツタケ(馬鹿松茸)とは響きが悪いが正式な和名で、ローマ字の学名でも「Tricholoma Bakamatsutake 」と表記する。姿形は松茸にそっくりだが、松林ではなく、ミズナラやコナラ、ウバメガシなどといった広葉樹の雑木林に生え、発生時期も本家より早いため、この名前がつけられた。

 

 奈良県の吉野郡では「サマツ」とか「ハマツ」と呼んで珍重しており、名前に反して香りは松茸より強く、味も似ているという。同センターでは、「今後、栽培技術を確立して奈良県内の生産者に技術を広めていきたい」と期待を寄せている。

 あなたにオススメの記事