歴史

日本海は450万年前まで太平洋とつながっていた!なぜ分離した?

 富山大学や名古屋大学などのグループは、日本海の海底に堆積している魚の歯や骨の化石を分析した結果、日本海は450万年前ごろに、プレート運動によって太平洋と分離した可能性を初めて突き止めた。

 

 日本列島の一部は約2500万年前にユーラシア大陸から分離して、現在の日本海の元となる海盆(海底の盆地)を形成。西日本が朝鮮半島と陸続きとなっていた1000万年前には、東日本の大部分は海面下にあったが、その後、東日本から北海道が徐々に隆起していったことで、日本海と太平洋の間にあった海峡が縮小化し、海水の流れが分断された。

 

 富山大の堀川恵司准教授と名古屋大などの合同グループは、2013年に日本海中央部の大和堆(やまとたい)で深海調査を実施。海底を掘削して全長約400メートルに及ぶ1000万年分の堆積物に含まれる魚の歯や骨の化石のネオジム同位体比について分析を行った。

 

 ネオジムとは永久磁石の原料に使われる金属で、海水に含まれるネオジムは海域ごとに成分比が異なるため、魚の化石に含まれる同位体を調べると、日本海中央部の海底面付近の海水が、北太平洋から来ているのか、南太平洋由来なのか、あるいはオホーツク海なのか起源を特定できる。

 

 分析の結果、1000〜850万年前と、450万年前の2度にわたって、太平洋からの海水の流入が減少していることが判明。とくに、450年前には、日本海のネオジム同位対比が14万年間かけて大きく変化し、太平洋からの流入が減少したことがわかった。

 

 450万年前というと、ちょうど太平洋プレートの運動が活発化して地殻の隆起が盛んになり、東北日本の山脈ができる時代にあたる。このことから研究グループは、太平洋と日本海をつないでいた海峡は、約14万年程度の間に水深が浅くなり、幅が狭くなっていったことで、日本海と太平洋間の海水交換が途絶えたと結論づけた。

 

 日本海が閉じられていくにしたがって、反時計回りの海洋循環が強まり、それにともなって日本海の海水がオホーツク海へ流入するようになり、サハリン付近の海峡が閉じた260万年前ごろまで流入していたことも明らかになった。

 

 研究グループは、研究成果について「日本列島と日本海の成り立ちへの理解が深まり、国土の防災や保全、開発につながる」と期待を寄せている。なおこの研究論文は、米地質学会が発行する地質学誌に掲載された。

 あなたにオススメの記事