感染症

ハチミツ 加熱すると病原菌感染を予防できる「人食いバクテリア」にも…

 身近な食品のハチミツ。ヨーグルトに入れたり、レモンを漬けてシロップにしたり、さまざまな食べ方があるが、名古屋市立大学などの研究グループは、ハチミツを180℃で1時間かけて加熱すると免疫力が高まり、病原菌感染が予防できる効果があることをマウスの実験で突き止めた!

 

 日本では、ハチミツを加熱すると栄養素が減る可能性があるとして、砂糖代わりにそのまま食べることが多いが、中国の伝統医学では生薬の消化管機能に対する作用を高めるために、ハチミツに浸してから中華鍋で炒めるといった使い方をする。

 

 このハチミツ加工法に着目した名古屋市立大大学院の牧野利明教授や自然科学研究機構分子科学研究所のなどの共同グループは、ナツメの花の蜜を加熱加工すると、加熱しなかったものと比べて、消化管の機能が高まることを発見。

 

 そこで加工条件をさまざまに変えて比較してみた結果、「180℃で1時間」加熱すると最も高い効果が得られることに気づいた。

 

 次に、加熱ハチミツをマウスに1日1回与えたのち、2日目に「化膿レンサ球菌」を腹部に皮下注射して感染させたところ、ハチミツを飲まなかったマウスでは、メスは翌日、オスは2日目までに全匹死亡。一方、加熱ハチミツを飲んだマウスではオス、メスともに生存期間が伸びたという。

 

 化膿レンサ球菌は、「溶血性レンサ球菌菌(溶連菌)」とも呼ばれ、急性咽頭炎や丹毒などの化膿性疾患を引き起こし、場合によっては致死性の高い劇症型レンサ球菌感染症の原因となることから、「人食いバクテリア」の名で知られる病原菌だ。

 

 さらに加熱ハチミツに含まれる成分を詳しく分析したところ、免疫力を高める効果を持つサイトカイン物質のほか、これまで報告されたことがない新しい化合物が含まれることがわかった。

 

 グループは、加熱加工したハチミツを使った新たな機能性食品の開発にむすびつくとして、期待を寄せている。なお研究論文は、国際民族薬物学会が発行する学術誌『ジャーナル・オブ・エスノファーマコロジー』に掲載された。

 

■初出の記事より訂正しています。

 あなたにオススメの記事