防犯

「お父さんが大変なことになっている」夜の帰り道 子供を惑わすモヒカン頭 豊島区

 今月1日夜、東京・豊島区の路上で、帰宅途中の男の子が、見知らぬ男から突然「お父さんが大変なことになっているよ」などと声をかけられた。

 

 不審な男が目撃されたのは、10月1日午後6時40分ごろ、豊島区目白1丁目の路上で、自宅へ向かって歩いていた男の子のもとへ近づき、「君のお父さんが、大変なことになっている」と話しかけた。面識のない相手だったため、男の子は不審を感じ、警察に通報した。

 

 男は年齢40~50代くらいで、身長170センチ前後の中肉体型、黒髪のソフトモヒカンに上下茶色のスーツを着て、黒ぶちメガネをかけていたという。

 

 現場は、JR「目白駅」と東京メトロ「雑司が谷駅」のあいだで、学習院大学の幼稚園や中等科などが密集している。「家族が事故にあった」などとウソをついて子供を連れ去ろうとする可能性もあることから、警察が付近のパトロールを強化するとともに、子供がいる家庭に対して注意を呼びかけている。

 

【問合せ先】目白警察署 03-3987-0110 (内線2612)
■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事