防犯

後ろの正面…全裸マン!夜の公園でウ●コ座り 目黒区

 3日夜、東京・目黒区の公園で、全裸の男が、かがんだ状態でわざとらしく咳をしているのを、通りがかった近くの住民が気づき、警察に110番通報した。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、3日午後11時ごろ、目黒区下目黒5丁目の林試の森公園内を通り抜けようとした住民が、全裸の男を目撃した。男はその場でかがみ込むポーズをとりながら、意味ありげに咳をするなど、周囲の注意を引く行動をしていたという。

 

 犯人の年齢は30代で身長は170センチ前後、中肉体型で、髪の毛は染めていなかった。同公園に先月12日と14日に現れた全裸マンと特徴が似ていることから、同一人物の可能性が高く、警察が公然わいせつの容疑で犯人の行方を追っている。

 

 現場の「林試の森公園」は、かつては林業試験場だった都立公園で、周囲をうっそうとした樹木が生い茂っている。台風が過ぎ去ったあとの同園には現在、ドングリや枝、葉っぱなどがたくさん落ちていているという。全裸マンもドングリ拾いをしていたのであろうか。

 

 

【問合せ先】目黒警察署 03-3710-0110

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事