防犯

晴れなのに?「雨戸を設置したから見て」おねだりハゲ 杉並区

 今月3日午後、東京・杉並区で、帰宅途中の小学生の女の子が、面識のない初老の男から「雨戸を設置したから見ていきなよ」と声をかけられた。

 

 不審者の出没があったのは、3日午後2時20分ごろ、杉並区善福寺4丁目の路上を自宅に向かって歩いていた小学生が、60〜70歳くらいの男から突然「雨戸を見て」などと、自宅に誘われた。

 

 当時は晴れていたうえ、台風の直前というわけでもなかったことから、女の子は気味が悪くなり、警察に通報した。

 

 男は身長170センチ前後のやせ型で、髪は禿げ上がっていて、黄色いワイシャツを着ていたという。

 

 現場は、西武新宿線「上石神井駅」から徒歩15分ほどの住宅街。過去には「電柱を作った人はエライ」などと訳のわからないことを言う老人が報告されている。



【問合せ先】荻窪警察署 03-3397-0110
■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事