防犯

「つばをくれ」夕暮れの帰り道 少女を震え上がらせる唾液フェチ 目黒区

 東京・目黒区で4日夕方、小学校から下校途中の女の子が、面識がない若い男から「唾液がほしい」などと意味がわからないことを頼まれたとして警察に110番通報が寄せられた。

 

 不審な男が目撃されたのは、4日午後5時20分ごろ、目黒区中目黒5丁目で、帰宅途中の女子児童に近づき、おもむろに「つばをわたしの手に出して」と言いながら、手を差し出してきた。男にぶたれると思った女の子は、大声を上げてその場を逃げ出し、帰宅後に保護者が警察に通報した。

 

 少女によると、男の年齢は20代前半と若く、身長165センチ前後、中肉体型。面長で縁が青いメガネをかけていて、同じく青の半袖Tシャツを着ていたという。

 

 現場は、東急東横線「祐天寺駅」から数百メートル離れた住宅街。この付近は見通しが悪く、夕方以降は人影もまばらになることから、警察がパトロールを強化している。



【問合せ先】目黒警察署 03-3710-0110 (内線2813)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事