気象

怪物の目!カテゴリー4のハリケーン フロリダ上陸 空軍基地に接近か?(動画)

 ハリケーン・マイケルは現地時間10日昼過ぎ、カテゴリー4に発達して、米南部フロリダ州に上陸した。米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、米国の観測史上3番目に大きなハリケーンだという。

 

 ハリケーン・マイケルは現地時間10日午後12時半ごろ、メキシコ湾からフロリダ半島西部のパンハンドルに上陸した。ハリケーンはメキシコビーチに接近するにつれて、中心気圧が928ヘクトパスカル(hPa)から923hPaに発達。上陸時にはさらに低下して919hPaになった。

 

 

 NHCによると、1851年の観測開始以来、フロリダ半島西部に上陸したハリケーンは初めてで、中心気圧919hPaは米国の観測史上でも3番目に大きなハリケーンだという。

 

 

 フロリダ州では、ハリケーンの進路に近い37万5000人の住民に避難命令が出され、現在は54カ所の避難所で約670人が避難している。また同州やアラバマ州、ジョージア州では停電が発生しており、各地で暴風や洪水被害が報告されている。

 

 国立ハリケーンセンターによると、マイケルは現在、カテゴリー1になったものの、依然として暴風を伴いながら、北東方向に進んでおり、まもなくフロリダ州パナマシティ近郊のティンダル空軍基地に接近すると予測されている。

 あなたにオススメの記事