リコール

西松屋の抱っこひも ファスナー飛び出し ケガのおそれ リコールへ

 乳幼児用品大手「西松屋チェーン」は16日、抱っこひものファスナーがメッシュ生地から飛び出して、赤ちゃんの肩口にすり傷ができる可能性があるとして、販売済みの1500個余りを自主回収すると経済産業省に届け出た。

 

 リコールの対象となるのは、今年8月6日から今月10日までに販売した抱っこひも「ダッコール プラス ネオ」(黒・ターコイズブルー・モカ3色)1511個。

 

 同社によると、ファスナーの末端の裏の金具がメッシュ生地を飛び出して、赤ちゃん側に触れるおそれがあり、肩口などにすり傷などができる可能性があるという。

 

 該当商品は前面のポケットに、“D’accord“のロゴが刺繍されており、腰ベルト内側の洗濯タグに「品番:BCBY01」と記載されている。最寄りの西松屋店舗に直接持参するか、料金着払いで下記あてに送ると、後日、現金書留で代金が返送される。

 

 

【この件に関する問い合わせ先】

西松屋チェーン 商品本部 ダッコール プラス ネオ回収係

フリーダイヤル:0120-113-020

〒532-0003 大阪市淀川区宮原3-3-31上村ニッセイビル3F

受付時間:平日午前10時〜午後6時

 あなたにオススメの記事