気象

寒気襲来!20日にかけて天気大荒れ「一足飛びに冬のよう」日本海側では急変に注意

 上空に流れ込む寒気の影響で、西日本と東日本の日本海側では、20日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、天気が急変するおそれがある。本来ならば秋の紅葉シーズンを迎える季節だが、一足飛びにやってきた冬のような寒さに体がついていかない人も少なくない。

 

 気象庁によると、20日にかけて上空約5500メートルには氷点下21度以という、この時期としては強い寒気が流れ込むと予想されることから、西日本と東日本では、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、大荒れの天気となるおそれがある。

 

 中国地方では島根県を中心に局地的に雷を伴う激しい雨が降るおそれがあり、あす朝までの24時間に予想される雨量は、山陰地方で100ミリ、山陽地方で40ミリだ。このため気象庁は、土砂災害・浸水害に関する警報を発表して、竜巻などの激しい突風や雹(ひょう)、落雷に警戒・注意するよう呼びかけている。

 

 また北陸地方でも20日にかけて天気が急変するおそれがある。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときには、建物内に移動するなど安全を確保するとともに、農作物の管理に注意してほしい。また、急な寒さで体調を崩す場合もあることから、衣服を調整して体調管理にも気をつけて。

 あなたにオススメの記事