防犯

学生服の坊ちゃん刈り少年 朝の通学路で下半身露出 ママチャリで逃走 世田谷区

 東京・世田谷区で今月17日朝、自転車に乗った学生服の若い男が、ズボンから男性器を出したまま走り抜けるのを通行人が目撃し、警察に110番通報した。世田谷区内では今年5月にも、中学生くらいの少年が路上で下半身を露出する事件が報告されたばかりだ。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは17日午前8時ごろ、世田谷区代田1丁目付近で、紺色の学生服を着た10代の男が下半身を露出したまま、自転車で走る姿が目撃された。犯人の年齢は15歳前後の中高生で、身長は165センチくらい、普通体型で、髪の毛は暗めの茶色に染めていて坊ちゃん刈り、紺色の学生服の上下を着て、シルバーのママチャリに乗っていた。

 

 現場は小田急線「世田谷代田駅」と、東急世田谷線「若林駅」の中間に位置する環状七号線沿いの住宅街。

 

 世田谷区では今年5月、今回の現場からは2キロ余り離れた用賀周辺でも、中学1年生くらいの少年が半ズボンを下げて露出したまま歩く姿が目撃されている。

 


【問合せ先】北沢警察署 03-3324-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事