防犯

サンダル履きの全裸マン 直立不動で立っていたのは またもアノ森 品川区

 今月19日夜、東京・品川区の路上に全裸の男がたたずんでいるのを、通りがかった住民が目撃し、警察に110番通報した。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、19日午後7時10分ごろ、品川区西五反田4丁目で、帰宅途中の住民が、素っ裸の男がいるのに気づいて、慌てて通報した。

 

 犯人の年齢は50代で、身長は165センチの中肉体型、髪には白髪がまじっていて、サンダルだけ履いていたという。

 

 現場となった住宅街は、東急電鉄「不動前駅」前で、全裸の男が頻繁に出没する「林試の森公園」の東門に面している。同公園は、同性愛の男性同士が出会いを求める場所としても知られており、先月から、全裸の変質者の目撃情報が複数回報告されている。今月12日未明には、上半身裸の30代くらいの男がうろついているのも目撃されたばかりだ。警察は公然わいせつの容疑で犯人の行方を追うとともに、付近の住民に対しては夜間に近くや公園内を通り抜ける際には注意するよう呼びかけている。

 

【問合せ先】大崎警察署 03-3494-0110 (内線2612)
■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事