生物

シャンシャン親離れへ一歩前進「母乳卒業」皿をペロペロ 上野動物園(動画)

 上野動物園のパンダのシャンシャンは、まもなく1歳半になるのを機に、来週13日から母親と離れて過ごす訓練を始める。その一環として、最近、母乳を卒業することに成功したそうだ。

 

 生後513日目を迎えたシャンシャンの現在の体重は37キロ。群れを作らず単独で暮らす野生のパンダは、1歳半から2歳にさしかかるタイミングで、親離れしてひとり立ちするようになるため、動物園では今月13日から、午前中は母親のシンシンと離れて過ごす訓練を始める。

 

 

 ひとり立ちには4段階のステップが組まれており、1歳半になる12月には完全に親離れできるよう準備が進んでいる。動物園が公開した最新の動画では、ステンレス製の皿に鼻先をつっこんでミルクを飲むシャンシャンの姿も登場。

 

 

 これまでシャンシャンは毎日何回もお母さんのオッパイを飲んでいたが、今月9日からは人工乳に慣れる訓練を開始。当初は「イヤイヤ」とまったく口をつけようとしなかったそうだが、すりおろしたりんごを混ぜたところ、大好物に…。今ではリンゴが無くても、与えられたミルクを全部飲み干して、時には皿を差し出す飼育員の手にチョッカイを出すこともあるという。

 あなたにオススメの記事