製品・サービス

「どんなものにもよくかける!」マジックみたいなふりかけ

 日本初の油性マーカーでお馴染みの「マジックインキ」が、「ふりかけ」に大変身!どんなものにもよく書けるではなく、よく掛ける「マジックふりかけ」として今月15日から全国で発売する。

 

 シャレの効いたオリジナル雑貨の企画開発を手がける大阪の「ヘソプロダクション」は今年9月、油性マーカー「マジックインキ」と異色のコラボを果たした「マジックふりかけ」を販売。当初は関西圏のみの展開だったが、販売開始直後から大反響を呼び、今回「日本の味シリーズ」として第2弾の登場となった。

 

 マジックインキそっくりの本体からキャップをはずして、ご飯の上でペンを振ると、わさびやおかか、ちりめん山椒などさまざまな味のふりかけが飛び出す仕組み。味は7種類で価格は1本680円(税抜)だから、オフィスの引き出しにいくつかしのばせて、ランチタイムのお弁当にいかが?

 

 中身のふりかけは無くなっても補充可能で、賞味期限は210日。全国の土産店舗やバラエティショップで11月15日から販売開始だ。

 あなたにオススメの記事