リコール

イケアの延長テーブル「天板落下の危険性」全世界で回収へ 国内8店舗で販売

 家具量販店イケアは27日、天板を広げて使えるテーブルのレールに不具合が見つかり、天板が落下するおそれがあるとして、全世界で自主回収すると発表した。

 

 リコールの対象となるのは、2017年6月から今年10月にかけて国内8店舗で販売された伸長式テーブル「グリヴァルプ(GLIVARP)」。

 

 スウェーデン本社のキッチン&ダイニング部門を担当するビジネスマネージャー、シンディ・アンダーソン氏によると「天板を伸ばす際に天板がレールからはずれて落下して割れるおそれがある」という。

 

 該当商品がある場合、最寄りの店舗の返品カウンターに直接持ち込むか、下記のカスタマーサポートセンターに連絡すると、商品代金を全額返金するとしている。

 

【問い合わせ先】

イケア・ジャパン カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル:0120-151-870

受付時間:午前10時〜午後7時

 あなたにオススメの記事