気象

台風15号 31日に九州接近 週末は各地で大雨のおそれ

 気象庁によると台風15号は、29日午前10時現在、与那国島の北北西約110キロの北緯25度25分、東経122度30分の海上にあって、1時間に約20キロの速さで北へ進んでいると見られる。

 

 中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南側330キロ以内と北側170キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風15号は今夜にも沖縄本島西の東シナ海を通過し、週末の31日午前9時には九州の西の海上に接近する見込み。

 

 台風はその後、温帯低気圧に変わると見られるが、気象庁の進路予想では本州を通過する可能性が高く、週末から週明けにかけては、各地で大雨や強風に注意が必要。

 あなたにオススメの記事