地震

南太平洋ニューカレドニア近海でM7.6 日本への津波は…?

 ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)によると、5日午後1時18分ごろ、南太平洋のニューカレドニア近海を震源とするマグニチュード(M)7.6の地震が発生した。太平洋海域で津波が発生する可能性があるという。

 

 地震が発生したのは5日午後1時18分ごろ、ニューカレドニア首都ヌメアから東へ200キロあまり沖合で、M7.6が観測された。米地質調査所(USGS)によると、この地震の震源の深さは約10キロ。

 

 PTWCは午後1時24分、ニューカレドニアやバヌアツ沿岸で高さ1〜3メートル、フィジーで30センチから1メートルの津波のおそれがあると津波情報を発表した。気象庁が現在、日本への津波の可能性について分析を進めている。

 

■日本への津波の可能性については、ハザードラボ「津波マップ」で予測を発表しています。

 あなたにオススメの記事