生物

シャンシャンとうとう親離れ!「10日からはずっとひとり」上野動物園(動画)

 上野動物園のシャンシャンは、今月12日で満1歳半を迎える。先月13日から始まった親離れの準備も終盤に入り、10日からはとうとう終日母親と離れてひとりで過ごすことになる。母子一緒の姿を見るならば、この週末がラストチャンスだ!

 

 現在シャンシャンは、ひとり立ちのためのステップ3に進んだ。日中は母子で同居し、授乳の機会が多い夜の間は別居させるというもの。

 

 動物園によると、シャンシャンが母親と一緒にいる間は後をついて回る行動が見られるときもあるが、シンシンのほうが積極的に相手をせず、自分の食事を優先させたり、オッパイを飲みたがっても、すぐに受け入れなかったり、途中で切り上げる場面も多く、かつてのような子育て優先ではなくなってきているという。

 

 そこで動物園では休園日の10日に、ステップ3から「終日別居」のステップ4に進むことを決定。午前中シャンシャンは屋外運動場で過ごし、シンシンは非公開エリアに。午後にはシンシンが屋外運動場に入り、シャンシャンは室内エリアに移動させ、夜も別々に眠るようになるという。このステップ4が終了すれば、完全にシャンシャンはシンシンと離れて暮らす「親離れ」を迎える。

 

 花開く明るいイメージから「香香」と名づけられたシャンシャン。これからは自分ひとりの力で花を咲かせていかなければならない。(動画は2018年10月22日のシャンシャン母子/上野動物園)

 

 あなたにオススメの記事