リコール

毒魚ソウシハギ「3人で食べちゃった」購入者判明も「被害なし」三重県

 三重県のスーパーが猛毒の魚「ソウシハギ」を誤って販売していた問題で、県の医療保健部は13日「販売先が特定できたが、すでに食べた後だった」として、現時点で3人に健康被害はないと発表した。

 

 この問題は、三重県多気郡大台町の魚介類販売業「味彩館キッチン海物語」が今月11日、入荷したソウシハギ3匹のうち2匹を食用の「カワハギ」として販売。1匹分の購入者が特定できなかったことから、情報提供を求めていたというもの。

  

 ニュースを知った購入者が12日に販売店に連絡し、伊勢保健所が翌日に面談を行ったところ、「11日午前中に購入後、家族3人で内臓ごと鍋に入れて食べた」と説明。

 

 ソウシハギには、消化管や内臓に「パリトキシン様毒」を持つ場合があり、過去には家畜が死亡した例は報告されている。この毒は12〜24時間の潜伏期間を経て、激しい筋肉痛や筋細胞の壊死などの症状を起こすと言われているが、今回の購入者はすでに潜伏期間を過ぎていることから、毒を持たない個体だったようだ。

 あなたにオススメの記事