宇宙

ピンクの天体 太陽系の最も遠くで発見 愛称「ファーアウト」すばる望遠鏡

 ハワイのすばる望遠鏡は、太陽系の最も遠くでピンク色をした天体を発見した。国際天文学連合小惑星センターが発表した。

 

 新天体を発見したのは、米カーネギー研究所やハワイ大学などの観測チーム。国立天文台がハワイのマウナ・ケア山頂で運用しているすばる望遠鏡の高性能カメラを使って、これまで太陽系で見つかったどの天体よりも遠いという太陽と地球間の約120倍(120天文単位)の距離にある天体を発見。これは、冥王星(距離34天文単位)の3.5倍以上の距離だという。

ピンク色した氷の天体 

 

 大きさは500キロほどの球形をした準惑星の可能性が高く、氷を多く含んでいるため、ピンク色に見えると考えられている。現時点では、正確な軌道が解明されていないため、「2018 VG18」と仮符号が与えられているが、発見者の間では「ものすごく遠い」という意味の「Farout(ファーアウト)」という愛称で呼ばれている。

 

 ハワイ大学のデヴィッド・ソーレン(David Tholen)さんは、「新天体は大変遠くにあるため、軌道速度が遅く、太陽の周りを一周するのに1000年はかかるだろう」と話している。

 

 チームがすばる望遠鏡で新天体を発見したのは2018年11月10日。その後、追跡調査のために南米チリのマゼラン望遠鏡で1週間追跡調査を続けたという。チームは、「プラネット・ナイン」と呼んでいる太陽系の未知の惑星の探査を行っており、2014年にも「2012VP113」(現在の距離:84天文単位)を発見している。

 あなたにオススメの記事