防犯

「歯の調査をしてます」口の中を見たがる自称「調査員」少女を泣かす 小金井

 

 東京・小金井市でけさ(25日)、登校中の女子生徒が、歯の調査をしていると自称する男から、口の中を見せるように迫られたとして110番通報があった。

 

 不審な男が目撃されたのは、25日午前8時ごろ、小金井市貫井南町5丁目の路上を歩いていた女の子が、面識のない男から「近くに駅はありませんか」と呼び止められた。

 

 道案内かと思ったが、男はいきなり態度を豹変させて「歯の調査をしているので口の中を見せてほしい」などと懇願してきたため、怖くなった女の子はその場から逃げて警察に通報した。

 

 男は年齢30代くらいで身長170センチ前後、中肉中背で、髪の毛は染めておらず、暗めの色をしたコートとジーパンを履いていた。マスクで顔は隠れていたが、つりあがった目が特徴的だったという。

 

 現場は「国分寺駅」から徒歩20分ほどの住宅街で、近くには幼稚園や小学校などもあることから、警察は注意を呼びかけるとともに、パトロールを強化している。

 

 

【問合せ先】小金井警察署 042-381-0110 (内線2612)

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事