製品・サービス

ハサミでチョキチョキ!誰でもワイヤレス充電器が作れるシート 東大が開発(動画)

 家具やカバンなどの形に合わせてシートを切るだけで、電源コードをつかわずに、ワイヤレスで充電できるシートを東京大学の研究グループが開発した。

 

 スマホの充電用などに使われる従来のワイヤレス充電器は、送電コイルから受電コイルへ電力を無線で送る仕組みで作られている。さまざまな構造があるが、充電器に内蔵された送電コイルの真上に、スマホの給電ポイントを置くようにして使うものなので、コイルの数はせいぜい数個。しかしこれでは、限られた狭い範囲しか充電できない。

 東大大学院情報理工学系研究科の川原圭博准教授らのグループが開発したのは、40センチ四方の薄くて柔らかいシート状の基盤に、中央に電源となるコイルアレイを配置して、中央から外側に向かってアルファベットの「H」の形をつなげるように配線を施したもの。

 

 このシートを、机や棚、壁など、身近なインテリアや衣服などの形状に合わせて切断し、表面に貼り付けるだけで、スマホやセンサー、家電や照明などのさまざまな電子機器が自動的に給電できるという画期的な仕組みだ。

 

 これまでも似たような充電シートはあるが、それらはコイルアレイを縦横のマトリックス状に配線したものが多かったため、切断するとコイルの一部が機能しなくなる問題があったが、研究グループが考案した配線方法によって、シートを切断してもコイルアレイに電流が行き渡り、スムーズな充電が可能だという。

 

 シートの切断は、ハサミがあれば誰でも簡単。中央のコネクタ−が残っていれば、ハートや星型、円形などどんな形のものにも対応できるという。

 

 あなたにオススメの記事