事故

スイス・アルプス雪崩の瞬間 安全地帯を超えた!あわやの大惨事(動画)

 ヨーロッパでは先週末、猛烈な寒波の影響でスイスからオーストリアにかけて連なるアルプス山脈北部が記録的な大雪に見舞われた。大規模な雪崩が相次いだ国境近くでは、危険を回避するために軍が人工的に雪崩を起こしたが、想定より雪の量が多く、安全なはずのふもとまで押し寄せる事故が起きた。

 

 欧州の気象サービス会社によると、アルプス山脈北部では先週末からの5日間で、最大150センチの大雪を観測。とりわけオーストリアの国境に近いチロル地方では、ひと晩で大人の男性の身長を超えるような雪が降った。

 

 スイスの国境沿いの町ヴィナディ(Vinadi)では15日、気温の上昇に伴って大規模な雪崩が発生。雪煙をあげながら高速で山林をなぎ倒していくおそろしい動画がとらえられた!(撮影:Jon Peider Morell)

 

 災害を未然に食い止めようと、スイス軍は山間部で人工的に雪崩を誘発させるための爆破実験を各地で実施。

 

 

 このうちダボスでは、雪の量が想定外に多かったため、ふもとの安全地帯で待機中の兵士の元まで雪崩が押し寄せ、あわやの大惨事につながるところだったという。(撮影:Xhevdet Ibishi)

 

 あなたにオススメの記事