防犯

緑のおじさんならぬ「緑のスティックマン」品川区に出没「これ使う?」

 

 きのう(21日)夕方、東京・品川区の大井町周辺で小学校から帰宅途中の女子児童が、面識のない老人から声をかけられ、用途不明の緑色の棒を差し出されたとして警察に110番通報が寄せられた。

 

 21日午後5時10分ころ、品川区南品川6丁目15番地を自宅に向かって歩いていた小学生の女の子に、自転車に乗った70〜80代くらいの男が「何年生?」と尋ねた。小学生が答えると、「大きいねえ」などと感心し、突然緑色の棒状の物体を見せて「これ、使うでしょ」と差し出した。

 

 その言動に不審を感じた小学生は、「いりません」と答えて、急いでその場から離れ、帰宅後に警察に通報したという。

 

 男は年齢70〜80歳くらい、身長160センチ前後、黒いウインドブレーカーを着て、同じく黒の帽子をかぶり、赤のママチャリに乗っていたという。現場は、大井町駅から300メートルほど北東に位置する住宅街。

 

 警察は、小さな子供がいる家庭に対して、少しでも「怖い」と感じた場合、ためらわずに大声で助けを求めたり、防犯ブザーを鳴らすなど、すぐにその場から逃げるよう指導してほしいと呼びかけている。



【問合せ先】品川警察署 03-3450-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事