トピック

日本初!床から飛び出す案内板 京急電鉄が羽田空港駅に採用

 京浜急行電鉄は28日、羽田空港国際ターミナル駅構内で、床に描いた案内板などが飛び出して見える「錯視サイン」の設置を開始した。錯視を駅構内の案内に取り入れたのは、鉄道会社としては国内で初めて。

 

 「錯視サイン」は、目の錯覚を利用した案内サインで、実物の看板と違って、床に貼り付けた絵が立体的に見えることから、視覚障がい者の歩行を妨げるおそれがなく、国籍や年齢を問わず、多くの人の注意を引けるよう効果が期待されている。

訪日外国人客のスムーズな誘導を

 設置されるのは、羽田空港国際線ターミナルの2階到着ロビーからホームまでのエレベーターに誘導するフロア部分。

 

 外国人観光客の増加に伴って、大量の手荷物を持ったままエスカレーターを利用することで、手荷物を落とす事故の危険性があることから、エレベーターを利用してもらうために、スムーズな誘導を目指すという。

 

 また、錯視サインの設置に合わせて、きょうから3カ月にわたり、世界的錯視研究の第一人者で、明治大学の杉原厚吉特任教授が生み出した錯視作品の展示も開始。また京急電鉄の車両が飛び出して見える撮影ポイントも登場した。

 あなたにオススメの記事