宇宙

とらえたぞ!木星の「巨大イルカ雲」NASAの探査機ジュノー(動画)

 

 米航空宇宙局(NASA)の木星探査機ジュノーは、南半球の大気の層に浮かぶイルカの形にそっくりの雲をとらえた。雲の波間を泳ぐイルカのように見える。

 

 NASAによると、この画像が撮影されたのは、日本時間2018年10月30日午前6時26分から同46分までの20分間。

 

 当時、探査機は16回目の最接近(フライバイ)を実行中で、大気の上層から1万8400キロ〜5万1000キロ圏内を飛行していたという。

 あなたにオススメの記事