防犯

花小金井の「肩こり男」3年ぶりに現る 登校中の女学生に「もんでくれないか?」

 きのう(31日)朝、西東京市で登校途中の女子生徒が、自転車に乗った見知らぬ男から「肩をもんでくれないか?」などと声をかけられたとして、警察に110番通報が寄せられた。

 

 不審な男が目撃されたのは、31日午前8時10分ごろ、西東京市芝久保町4丁目付近を学校に向けて歩いていた女子生徒が、自転車で近づいてきた男から呼び止められ、「肩が凝っているので、もんでくれませんか?」などと懇願された。驚いた生徒は、何も答えられず、急いでその場を離れ、帰宅後に保護者に相談し、警察に通報した。

 


 声をかけてきた男は年齢30〜40歳くらい、身長165センチ前後、髪は短く、細身の体型で、紺色のフリースジャンパーを着て、シルバーのママチャリに乗っていたという。

 

 現場は西武新宿線の「花小金井駅」と「田無駅」の近く。この付近では、2016年夏ごろにも、似たような特徴の男が登下校中の女子小学生や女子学生に「肩を叩いて」「肩が凝っている」などと声をかける不審事案が相次いで報告されていたが、いずれも警戒されて、未遂に終わっている。



【問合せ先】田無警察署 042-467-0110 (内線2813)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事