気象

北海道 観測史上最強の寒気襲来 ジーンズも凍りつき 透明人間現る!

 北海道では8日、札幌の上空で統計開始以来、最も強い寒気を観測し、礼文島や利尻島など各地で、最低気温が過去最低を記録した。札幌郊外では、履いていないジーンズが寒さで凍りつき、透明人間が歩いているような光景が見られたほか、十勝川では、打ち上げられた氷が宝石のように輝く「ジュエリーアイス」が出現した。

 

 気象庁によると、札幌の上空1500メートルでは8日午前9時に、1957年の統計開始以来、最も低い氷点下24.4℃を観測。各地の最低気温は、礼文島で氷点下17.1℃、利尻島で氷点下16.6℃、道北の羽幌町で氷点下14.8℃、西部の神恵内(かもえない)村で氷点下13.8℃を記録するなど、観測史上最低を記録。

 

 猛烈な寒さの影響で、札幌市の郊外、南区にある国営滝野すずらん丘陵公園では、ジーンズがカチンコチンに凍りつき、人も履いていないのに、自立して歩いているように見えた。

 

 また、道南の十勝地方では、十勝川から太平洋に流れ出した氷が河口の大津海岸に打ち上げられて、太陽の光を浴びてキラキラと煌くジュエリーアイスも出現。多くの見物客が押し寄せたという。

 あなたにオススメの記事