生物

「あ!虫ついてる」魚だって「鏡の中の自分」を認識 大阪市立大(動画)

 人間は昔から、魚の記憶力や認知能力は低い(=魚はバカ)だと考えてきたが、大阪市立大学大学院の研究グループは、魚が鏡に映る姿を自分だと認識できることを世界で初めて明らかにした。高度な「自己認知能力」を持つのは、ヒトや哺乳類以外にもいる可能性を示す研究成果だ。

 

 大阪市立大大学院の幸田正典教授のグループは、独マックスプランク研究所などと共同で、「ホンソメワケベラ」という海水魚を対象に、水槽の中で鏡を見せる観察を実施。

 

 ホンソメワケベラは、太平洋やインド洋などの熱帯、亜熱帯の海に生息し、日本では房総半島より南に分布。体長は10〜12センチほどで、大きな魚の体の表面や口、エラの中などについた寄生虫や食べかすなどを食べて「掃除」することから、「クリーニング・フィッシュ」の異名を持つ。

鏡に映る自分の姿を認識するまで

 この魚10匹を水槽に放して観察を始めたところ、実験開始直後は鏡に映った自分の姿(鏡像)を見てライバルだと勘違いし、攻撃する行動が見られたが、しばらくすると鏡の前で逆さまに泳ぐなどといった不自然な動きをする魚が増加。(動画撮影:大阪市立大学/PLOS BIOLOGY)

 

 

 実験3〜4日目には異常行動を繰り返すことがひんぱんになったが、10日目までにはそういった行動はほとんどみられなくなり、逆に鏡に映る自分の姿をじっとのぞき込む(!)ようすが目立つようになったという。

 さらに本当に鏡像が自分だと認識しているかを確かめるために、魚の喉に寄生虫に似せた茶色のマークをつけた実験を行った結果、8匹中7匹が、水槽の底の砂や石で喉をこすりつけたあと、喉を鏡で確認するような姿勢をとったという。(動画撮影:大阪市立大学/PLOS BIOLOGY)  

 

 透明なマークや、茶色の印をつけても鏡をいれない実験では、こうした行動がなかったことから、ホンソメワケベラは自分の喉に寄生虫がついたと勘違いし、取り除こうとした可能性が高いと見ている。

  鏡に映る姿を自分だと認識できる能力(=鏡像自己認知)は、ヒト以外では、チンパンジーやイルカ、ゾウ、カラスの仲間などで確認されてきたが、いずれも高度な社会生活をおくる動物だ。

 

 今回行った「マークテスト」は、かつて試した多くの動物で失敗しているという。というのも、もしその動物に鏡像自己認知能力があっても、その動物がマークを見なかったり、気にしない、触ることができないのであれば、この能力を発見することはできないからだ。

脊椎動物の知性を見直すべきだ!

 幸田教授は「ホンソメワケベラがどのような心理で鏡の中の自分の姿を認知しているのかはわかりませんが、初めは鏡像をライバルだと見なし、その後、自己認知できるようになったプロセスは、チンパンジーやゾウなどと大変良く似ている」と指摘。

 

 そのうえで、物事の判断や思考プロセスに関する脳神経回路が、魚から類人猿まで脊椎動物全体で共通している可能性があるとして、「脊椎動物の知性を見直すべきときが来た!」と熱く語っている。

 あなたにオススメの記事