防犯

女子小学生を狙った暴行事件!背後から黒手袋で顔を覆う 東京・足立区

 

 東京・足立区で今月15日、小学校から下校途中の女の子が、不審な男に背後から両手で顔を押さえられる事件が発生した。警察が暴行の容疑で犯人の行方を追っている。

 

 事件が起きたのは、15日午後2時50分ごろ、足立区西新井栄町1丁目の通学路を自宅に向かって帰る途中だった女子児童が、背後から近づいてきた男から、両手で顔を押さえつけられた。女の子が大声を上げながらもがくと、慌てて逃走した。女の子にケガはなかった。

 

 被害にあった児童によると、犯人は年齢20歳前後の若い男で、身長は165センチくらい、中肉体型で、黒いコートに黒い手袋をしていたという。

 

 現場は東武線「西新井駅」から400メートルほど南西に位置する区立小学校周辺の通学路で、警察がパトロールを強化するとともに、犯人の行方を追っている。


 小さなお子さんがいるご家庭では、少しでも「こわい」と思ったら、大声で助けを求めたり、防犯ブザーを鳴らすなどして、すぐに逃げるよう日ごろから伝えてほしい。



【問合せ先】西新井警察署 03-3852-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事