防犯

熱き魂 後輩を叱咤激励の迷惑「吹奏楽はそれでいいのか!?」長野県松本市

 長野県・松本市で今月7日夜、帰宅中の高校生が、面識のない男から突然、「学校は。吹奏楽部はそれで良いのか。校長に電話するぞ」と責め立てられたとして、警察に通報があった。

 

 不審な男が目撃されたのは7日午後9時15分ごろ、JR篠ノ井線「平田駅」がある長野県松本市平田西で、自宅へ向かっていた高校生が、見知らぬ男から、理由もなく「吹奏楽部はそれでいいのか?」と迫られたうえ、「校長に電話するぞ」などと恫喝して、通学先を執拗に聞かれたことから、怖くなって110番通報をした。

 

 男の年齢は40~50歳で、身長は165~170センチ前後の小太り、髪は染めておらず、メガネとマスクをつけ、上下黒いスーツの上に黒っぽいジャンパーを羽織っていた。

 

 現場となった松本市は、世界的に著名な演奏家を輩出しており、昭和60年には「音楽とスポーツ」都市宣言をした文化都市だ。小澤征爾氏が創立した音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」も有名で、毎年夏には世界中から優れた音楽家たちが結集する。

 

【問い合わせ先】松本警察署(0263-25-0110)

■この記事はライポくん安心メールからの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事