気象

台風2号「ウーティップ(蝶)」発生!強い勢力へ発達 北上か

 20日午前3時、マーシャル諸島で発達中の熱帯低気圧が台風2号になった。来週にはゆっくり北上する見通しだ。

 

 マカオの言葉で「ちょうちょ」を意味する「ウーティップ(Wutip)」と名付けられた台風2号は、西太平洋のトラック諸島近海を時速25キロで西へ進んでいる。

 

 気象庁によると、20日午後3時現在の中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23 メートル、最大瞬間風速は35メートルで、風速15メートル以上の強風域をともなっている。

 あす(21日)午後には強い台風に発達してカロリン諸島近海に到達し、週末には非常に強い台風となってマリアナ諸島に接近。

 

 そこから進路を北寄りに変えて、来週はゆっくり北上する見通しで、気象庁が今後の動向を注視している。

 


■ハザードラボでは台風の最新情報を更新しています。→「台風マップ」もご利用ください。

 あなたにオススメの記事