事故

山口県沖で空自戦闘機F-2Bが墜落か 乗組員2人発見救助

 きょう(20日)午前9時18分ごろ、山口県沖の日本海で、福岡県築城(ついき)基地所属の航空自衛隊戦闘機が墜落した。菅義偉官房長官は会見で「レーダー航跡から消失した現場付近で、乗組員2人を発見した」と発表した。

 

 事故が起きたのは、20日午前9時18分ごろ、築城基地所属のF-2B戦闘機が行方不明になった。事故からおよそ20分後、現場付近捜索中の航空自衛隊機が海上に漂っている救命いかだを発見、2人を救助した。

 

 負傷程度は現在確認中だが、いずれも意識はあり、防衛省が事故原因の分析を急いでいる。

 あなたにオススメの記事