防犯

八王子に砂かけジジイ出現!少女の顔に砂かけまくる暴行事件発生

 東京・八王子市で21日、小学校から下校途中の女の子が、見知らぬ中年男から顔をめがけて砂をかけられたり、石で顔をこすられる暴行事件が発生した。警察が犯人の行方を追っている。

 

 事件が発生したのは21日午後3時ごろ、八王子市石川町を自宅に向かって歩いていた女子児童が、前から近づいてきた男から、顔をめがけて拳に隠していた砂粒をぶつけられた。小学生が驚いて体勢を崩すと、男はさらに持っていた石で、女の子の顔にこすりつけたという。

 

 被害児童によると、犯人は年齢40〜50歳代、身長160センチ前後で、中肉体型。坊主頭だが、茶色っぽい金髪に染めていて、紺色のジャージ上下を着て、黒いショルダーバッグをさげていた。

 

 現場はJR八高線「北八王子駅」周辺で、警察が暴行容疑で犯人の行方を追うとともに、通学路のパトロールを強化している。


【問合せ先】八王子警察署 042-621-0110 (内線2612)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事