気象

台風2号「2月としては珍しい」あすには非常に強い勢力へ

 

 22日午前9時現在、台風2号は強い勢力に発達して、カロリン諸島近海を北西に向けて時速20キロで進んでいる。今後も成長を続けて、あす朝には非常に強い台風となってマリアナ諸島周辺に到達する見通しだ。

あす朝までに非常に強い台風に

 気象庁によると、台風2号の午前9時現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルに発達した。中心から半径130キロ以内は、風速25メートルの暴風が吹いており、その外側は強風域となっている。

 

 2号は24時間後のあす23日にはさらに発達して、非常に強い台風となり、次第に進路を北寄りに変える見通し。気象庁の5日先の進路予想では、台風は今月末にかけて、ゆっくりとした速度でマリアナ諸島周辺を北上すると見られている。

 現在、台風が存在するあたりの海面水温は、27℃以上と暖かく、発達するためのエネルギーが常時供給されている状態だ。しかし北緯20度を超えて日本に近づくにつれて、水温が下がるため、列島付近への接近の可能性は低いと考えられるが、2月に発生した台風としては珍しく、中心気圧が下がる予想だ。

 

■ハザードラボ「台風マップ」では最新情報をご覧いただけます。

 あなたにオススメの記事