製品・サービス

ニセの「カナダグース」販売の「CGJP」消費者庁が注意喚起

 消費者庁は22日、インターネットの通販サイトで、高級ダウンジャケット「カナダグース」の偽物を、正規品として格安販売していたとして、業者名「CGJP株式会社」を公表し、全国に注意を呼びかけている。

 

 偽ブランドを販売していたとされるのは、東京・世田谷区の通販会社、「CGJP株式会社」(町田杏奈代表)。消費者庁によると、同社はSNSなどの広告に、カナダグースの商品を掲載し、CGJPのウェブサイトに誘導したうえで、正規品の2割程度の格安値段で販売していると宣伝。

 

「カナダグース」は、ダウンジャケット1着が10万円前後するカナダの高級ブランドだが、CGJPのサイトを通じて注文した購入者の元へ届いた商品は、正規品と比べると、重量や質感、ブランドロゴの刺繍などが異なり、発送元も中国や日本国内の住所になっていた。購入者が問い合わせフォームやメールアドレスで苦情や返品を申し出ても、返金を受けた消費者はいないという。

 

 全国の消費者相談窓口に寄せられた相談を受けて、消費者庁がカナダグースの正規代理店であるサザビーリーグに確認したところ、CGJPは販売店としては登録されておらず、販売された商品は偽物であることが判明した。

 

 すでに同社のホームページは見られない状態になっており、今月5日の時点では会社名が「益天合同会社」に変わっていたが、その後も変更されている可能性があるという。

 

 消費者庁は「CGJPのサイトは、日本語の字体や表現におかしな点があった。最近では、簡単には見分けにくい詐欺サイトや模造品を扱う通販サイトが増えているので、少しでも不安に感じたら、購入を控えて」と注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事