防犯

「家のトイレ使って」「おからクッキー食べて〜」どうしても自宅に招きたいオジサン 東京・練馬区

 東京・練馬区で今月26日、公園で遊んでいた小学生の女の子が、見知らぬ男から「ウチのトイレを使っていい」などと声をかけられたとして、警察が注意を呼びかけている。

 

 不審な男は、今月26日午後5時ごろ、練馬区南田中5丁目の南田中公園で小学生の女の子らが遊んでいたところへ近づき、「児童館まで行くのが大変だから、家のトイレを使っていいよ」と声をかけた。

 

 小学生らが「トイレに行きたくない」と断ると、男はさらに「おからで作ったクッキーがあるから食べていいよ」などと言って、自宅に来るよう熱心に誘い続けたという。

 

 声をかけられた子供たちによると、男の年齢は60〜70歳くらい、身長160センチ前後、痩せていて、ひたいの毛が薄めで、黒いジャンパーに灰色のズボンを履いていたという。

 

 現場は、周囲を区立小学校や図書館に囲まれた一角にある公園で、南田中児童館も隣接する。もしかしたら心の底からの善意で、手製のおからクッキーを味見してもらいたかったのかもしれないが、やはり見知らぬ子供を自宅に招く行為は謹んでいただきたい。



【問合せ先】光が丘警察署 03-5998-0110 (内線2612)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 

 あなたにオススメの記事