気象

雪崩発生!民家のみこむ直前で停止 ノルウェーの奇跡(動画)

 今月5日、ノルウェー中部のフィヨルドにある町で何の前触れもなく、大規模な雪崩が発生した。雪崩は雪煙を立ててふもとの集落に迫ったが、一軒の民家をのみこむ寸前で奇跡的に停止した。

 

 この劇的な瞬間の撮影に成功したのは、首都オスロから北西へ200キロほど離れたフィヨルド(氷河が溶けた入り江)地帯のスンダルに住むガン・グラーベム・イーサクスン(Gunn Gravem Isaksen)さんという48歳の女性だ。

 

 ふだんは、近くの町で店を営むイーサクスンさんは5日、自宅にいた際に、頭の上から地響きのような轟音がするのを耳にした。慌てて家を飛び出し、助けを呼ぼうとスマートフォンを取り出したところ、自宅の裏の断崖から、雪煙を上げてものすごい速さで迫りくる雪崩を目撃。「家がのみこまれる!」と思った瞬間、雪崩は直前に停止したという。

 

 イーサクスンさんが住んでいる町は、クフォンナ山のふもとに位置し、春先には雪崩の発生が多いことで知られる場所だ。しかし、現在は斜面を覆っていた雪はほとんど溶けていて、ふもと近くでは岩肌がむき出しになっていたため、「こんなに大きな雪崩が来るとは」と驚いている。

 

 しかし、これほどまでの雪崩に自宅をのみこまれそうになっても、冷静にスマホのカメラを構えていたイーサクスンさんのほうが、ある意味、オドロキだ。

 あなたにオススメの記事