防犯

自転車男 すれ違いざまに顔面をわしづかみ!東京・練馬区で暴行事件

 東京・練馬区の住宅街で12日午後、小学校から下校途中の男子児童が、前からやってきた自転車の男に、顔をわしづかみにされる被害にあった。警察が暴行の容疑で、男の行方を追っている。

 

 事件が起きたのは12日午後3時50分ごろ、東京・練馬区北町7丁目20番地の路上で、男子小学生が自宅に向かって歩いていたところ、前から近づいてきた自転車に乗った男が、すれ違いざまに腕を伸ばして、小学生の顔をわしづかみにした。小学生は勢いで転倒しそうになったが、その間に男は逃走したという。

 

 被害児童によると、犯人は年齢60〜70歳くらい、髪の毛には白髪が混じっていて、白いTシャツに茶色いズボンを履いていたという。現場は、区立小学校から150メートルほど離れた住宅街で、警察は暴行事件として犯人の行方を追っている。



【問合せ先】光が丘警察署 03-5998-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事