気象

ポカポカ陽気から一転「寒の戻り」週末の西日本は大荒れ

 全国的にポカポカ陽気が続くなか、西日本ではあすから週末にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みで、気象庁が落雷や竜巻、ひょうや雨に注意するよう呼びかけている。

 

 15日から16日にかけて、西日本の上空に氷点下30℃以下の真冬並みの寒気が流れ込む影響で、大気の状態が非常に不安定になる。

 中国地方や九州北部では15日明け方から、近畿地方では夕方から、四国では夜の初めごろから、いずれも16日にかけて、竜巻などの激しい突風や急に降り出す強い雨とともに、落雷やひょうに注意してほしい。

 

■ハザードラボ「気象情報」では、お近くの詳しい天気予報をご覧いただけます。

 あなたにオススメの記事