リコール

宇部興産「膨張剤」に金属片混入「ビックリマンチョコ」など菓子メーカーで回収あいつぐ

 化学メーカー大手、宇部興産が製造する「膨張剤」に金属片が混入していたことが明らかになり、使用していたヤマザキビスケットやブルボン、ロッテなど複数の菓子メーカーが、一斉に商品の自主回収を開始した。

 

 この問題は、宇部興産が製造した重炭酸アンモニウムに金属片が混入していることが先月21日の同社内の検査で明らかになったもの。

 

 調査の結果、製造工程で使われるステンレス製の設備の一部が破損し、金属片の混入が判明した。重炭酸アンモニウムは、工業製品や食品添加物として使われる膨張剤に使用される原料で、検査記録や運転状況から、納品先に使用停止と返品を申し入れたが、顧客から異物混入の通報があったという。

 

 この影響で、ヤマザキビスケットが「ノアール」「ル・ヴァンプライムミニサンドチェダーチーズ」「ルヴァンプライム薄焼きサンドホワイトチェダーチーズクリーム」(いずれも賞味期限は2020年1月)計3商品の自主回収を決定。

 

 次いでブルボンが「プチチョコチップ抹茶」「プチチーズ」「プチ黒ココア」「アルフォートミニチョコレート」(賞味期限は2019年4月〜2020年2月)など計7商品の自主回収を開始。

 

 さらに、ロッテはきょう(20日)、「プチブッセ」「ビックリマンチョコ」「チョコパイ」など計8商品の回収すると発表している。

 

回収対象の商品や回収方法については以下のとおり。

●ヤマザキビスケットお客様相談室 

フリーダイヤル:0120-945-522(受付時間:平日午前9時〜午後5時)

 

●ブルボン お客様相談センター

フリーダイヤル:0120-468-884(受付時間:平日午前9時〜午後5時)

 

●ロッテ商品回収係

フリーダイヤル:0120-531-610(受付時間:平日午前9時〜午後5時)

 

 あなたにオススメの記事