生物

パンダとお花見できますよ!和歌山アドベンチャーワールド(動画)

 現在、6頭のパンダが暮らす和歌山県のアドベンチャーワールドでは、あす28日から4月3日までの1週間、パンダとお花見を楽しめる期間限定のイベントを行う。園内の桜は、今週末にも満開になる予想だ。

 

 アドベンチャーワールドでは昨年8月に生まれたメスの赤ちゃん、彩浜(さいひん)とその両親をはじめ、2歳年上のお姉さん、結浜(ゆいひん)、双子の姉妹の桜浜(おうひん)と桃浜(とうひん)など6頭のパンダが飼育されており、原産地の中国に次いで、世界で最も多い繁殖実績がある。

 本格的なお花見シーズンを迎えて、あすから来月3日にかけて、お父さんパンダの永明(えいめい)が暮らすブリーディングセンターの屋外運動場前にお花見観覧エリアを設置し、パンダだんご(みたらし味)を食べながら、パンダとお花見を同時に楽しむのがねらいだ。

 

 現在、パーク内では桜のつぼみが膨らみ始めていて、今週30日には満開になると期待されている。

 

 

 一方、先週23日に屋外運動場デビューを果たした彩浜も、元気いっぱい暴れまわっている。永明は、隣の運動場から、やぐらの上から転げ落ちそうになる我が子をキャッチする母・良浜(らうひん)の活躍を見守っているという。

 

 あなたにオススメの記事